ソフィアのハーブ図鑑
ソフィアのハーブ図鑑7:ノビル

~ノビル(野蒜)~  名前 ノビル(野蒜)、サシビル(秋田) 分類 ヒガンバナ科ネギ属 収穫期 春(全草)、夏~秋(麟茎) 栄養素 ビタミンやミネラルなどの栄養を豊富に含む。 アリシンと呼ばれる疲労回復や体力増強に効果が […]

続きを読む
ソフィアのハーブ図鑑
ソフィアのハーブ図鑑6:スウィートヴァイオレット(ニオイスミレ)②

~スウィートバイオレット(ニオイスミレ)②~         スウィートバイオレット①の続き *日本ではニオイスミレは主として観賞用ハーブとして栽培され、良い香りのするその精油は香水や化粧品の香料として用いられているが、 […]

続きを読む
ソフィアのハーブ図鑑
ソフィアのハーブ図鑑5:スウィートヴァイオレット(ニオイスミレ)①

~スウィートヴァイオレット①~ 名前 スイートヴァイオレット(ニオイスミレ) 分類 スミレ科の多年草 開花期 2月~4月 特徴 甘い芳香が特徴のスミレ。ヨーロッパでは香水の原料として用いられている。 効能 *去痰作用・呼 […]

続きを読む
ソフィアのハーブ図鑑
ソフィアのハーブ図鑑4:ナスタチウム

和 名 キンレンカ(金蓮花) 食用部 花・葉・実 仏語名 キャプシーヌ 別 名 ノウゼンハレン、Indian Cress 分 類 ノウゼンハレン科の一年草              原産地 ペルー 花 色 オレンジ・黄・ […]

続きを読む
ソフィアのハーブ図鑑
春の七草(7):スズシロ(蘿蔔)・ダイコン(大根)

《春の七草7》~スズシロ すずしろ(蘿蔔)→ ダイコン(大根) *ダイコンの花 大根はアブラナ科なので、花もアブラナ科の花が咲きます。綺麗な白い花、もしくは薄い紫色の花で、冬に収穫するはずの大根を収穫せずに畑に放置してお […]

続きを読む
ソフィアのハーブ図鑑
春の七草(6):スズナ(菘)・ カブ(蕪)

《春の七草6》~すずな・カブ すずな(菘)→  カブ(蕪) 日本へは時期は不明であるがかなり古い時代に(弥生時代という説もある)、中国または朝鮮半島からもたらされ、スズシロ(大根)とともに重要な根菜とされてきたと考えられ […]

続きを読む
ソフィアのハーブ図鑑
春の七草(5):ホトケノザ(コオニタビラコ)

《春の七草5》~ホトケノザ ほとけのざ(仏の座)→  コオニタビラコ(小鬼田平子) コオニタビラコ(小鬼田平子・稲槎菜、学名: Lapsana apogonoides)とは、キク科に属する越年草の一つ。タビラコ(田平子) […]

続きを読む
ソフィアのハーブ図鑑
春の七草(4):ハコベ

春の七草(4):ハコベ はこべら(繁縷)→  はこべ(繁縷、蘩蔞) ハコベ(繁縷、蘩蔞)とは、ナデシコ科ハコベ属(Stellaria)の植物。「ハコベ」は一般にはコハコベとミドリハコベを総称していう。単にハコベというとき […]

続きを読む
ソフィアのハーブ図鑑
春の七草(3):ゴギョウ(ハハコグサ)

《春の七草3》~ゴギョウ ごぎょう(御形) →   ハハコグサ(母子草) 若芽は食用になり、七草として粥に入れたり、餅に混ぜて草餅にする。また、薬草として咳止めや去痰の薬用にも利用できる。 春の七草でよばれるオギョウ/ゴ […]

続きを読む
ソフィアのハーブ図鑑
春の七草(2):ナズナ

《春の七草2》~ナズナ なずな(薺) →  ナズナ(ぺんぺん草)  雑草扱いされることが多いが、有用植物として日本では昔から人々に利用されている。日本では正月7日の七草がゆには欠かせない食材として、若葉は食用に用いられて […]

続きを読む